介護業界の様々な情報をまとめたデータベース

  • トップページ
  • 不正請求
  • 不正・指定取消:4年間で2500万円 虚偽報告で給付金不正受給 愛知県半田市乙川深田町 - 介護データベース

2022/06/14 火曜日 | 不正請求,指定取消・行政処分

不正・指定取消:4年間で2500万円 虚偽報告で給付金不正受給 愛知県半田市乙川深田町 

2022年6月30日 行政処分(指定の取消)

愛知県では、介護保険法の規定に基づく行政処分「指定の取消し」を下記のとおり行うこととし、本日、事業者に対し当該処分について通知しました。

(愛知県HPより)

1 処分の対象となる事業者及び事業所の概要
(1)事業者
事業者名:一般社団法人またあした
代表者名:代表理事 曾田輝徳
所 在 地:半田市乙川深田町二丁目46番地
https://www.mataashita-a.com/
(2)対象事業所
ア 花みずきリハビリデイサービス
(ア) 所  在  地:半田市乙川深田町二丁目46番地の2
(イ) 事業所番号:2372401394
(ウ) サービスの種類:通所介護(2014年3月1日指定)
イ デイサービス はなゆめ
(ア) 所  在  地:知多郡阿久比町大字白沢字下谷13番地の1
(イ) 事業所番号:2375702210
(ウ) サービスの種類:通所介護(2018年8月1日指定)
ウ 花つむぎ訪問看護リハビリステーション
(ア) 所  在  地:半田市美原町二丁目23番地
(イ) 事業所番号:2362490217
(ウ) サービスの種類:訪問看護、介護予防訪問看護(2021年9月1日指定)

2 処分内容
指定の取消し
(取消年月日:2022年6月30日(木曜日))

3 処分理由
(1)花みずきリハビリデイサービス
ア 不正請求
個別機能訓練加算の算定要件を満たしていない(必要な機能訓練指導員が配置されていない)ことを知りながら加算を請求した。
イ 虚偽報告
愛知県が実施した監査時に、個別機能訓練加算の算定要件を満たしているように見せかけるため、機能訓練指導員の勤務時間等を偽ったタイムカードを愛知県に提出した。
ウ 虚偽答弁
愛知県が実施した監査時に、機能訓練指導員が実際は別の場所(同法人が運営する接骨院)で勤務していたにもかかわらず、事業所のサービス提供時間を通じて当該事業所に勤務しているとの虚偽答弁を行った。

(2)デイサービス はなゆめ
ア (1)アからウと同じ
イ 不正の手段による指定
指定申請時に、はり師及びきゅう師を機能訓練指導員として配置する場合に必要な実務経験期間(6月)を満たさないことを知りながら、指定申請書に実務経験期間を偽った書類を添付して、2018年6月29日に愛知県に申請を行い、不正の手段により指定を受けた。

(3)花つむぎ訪問看護リハビリステーション
ア 虚偽報告
愛知県が実施した監査時に、常勤の看護職員として指定申請した2名が、実際は非常勤のパート職員であるにもかかわらず、常勤職員であると偽るため、虚偽のタイムカード・給与明細を愛知県に提出した。
イ 虚偽答弁
愛知県が実施した監査時に、常勤の看護職員として指定申請した2名が、実際は非常勤のパート職員であるにもかかわらず、常勤職員であるとの虚偽答弁を行った。
ウ 不正の手段による指定
指定申請時に、指定申請の所在地と異なる場所で事業を行うため、また、常勤勤務の予定のない職員を常勤と見せかけるために、虚偽の指定申請書や勤務形態一覧表等により、2021年7月21日に愛知県に申請を行い、不正の手段により指定を受けた。

4 処分に伴う返還等予定額(概算)
​(1)花みずきリハビリデイサービス
(ア)不正請求期間:2017年12月から2021年9月の3年10か月
(イ)不正請求額(返還額):7,575,885円  ※ 概算額

(2)デイサービス はなゆめ
(ア)不正請求期間:2018年8月から2021年10月の3年3か月
(イ)不正請求額(返還額):5,187,188円  ※ 概算額

※ 関係市町村が当該事業者等に対し、その支払った額につき返還させるほか、介護保険法第22条第3項の規定に基づき、その返還させる額(直近2年分の額)に百分の四十を乗じて得た額を加算金として支払わせることができる。なお、最終的な返還等の金額は、関係市町が精査した上で確定する。

その他の行政処分記事




PAGE TOP