介護業界の様々な情報をまとめたデータベース

  • トップページ
  • 詐欺
  • 詐欺:美しすぎる市議・吉羽美華(42)6000万円詐取容疑 福祉施設に「コロナ融資仲介」 - 介護データベース

2022/08/04 木曜日 | 詐欺

詐欺:美しすぎる市議・吉羽美華(42)6000万円詐取容疑 福祉施設に「コロナ融資仲介」

2022年8月1日 (逮捕・詐欺)

新型コロナウイルスの感染拡大で経営悪化した福祉施設に融資を「仲介する」と偽って現金をだまし取ったとして、福岡県警は1日、大阪府寝屋川市の市議会議員、吉羽(よしば)美華容疑者(42)ら5人を詐欺容疑で逮捕した。被害は医療機関を含む全国十数施設で十数億円に上るとみられ、県警は全容解明を進める。5人の認否は明らかにしていない。
写真

毎日新聞

容疑者 5人
寝屋川市議会議員、吉羽(よしば)美華(42)
大阪市西区、医療コンサルタント会社代表 北村隆史(60)
大阪市中央区、自称無職、渡部秀規(48)ら

【図表】吉羽美華容疑者のプロフィル(2017年衆院選)

コロナ減収救済の融資制度を悪用
悪用されたのは厚生労働省所管の独立行政法人「福祉医療機構(WAM)」(本部・東京)が2020年2月に始めた融資制度。コロナ禍で患者が減るなどした医療機関や福祉施設が減収の程度に応じて一定額まで無担保・無利子融資を受けられる。この制度を巡る立件は全国で初めて。

「貸付金の半額を支払えば特別に融資を」と持ちかけ
逮捕容疑は20年7~12月、5人で共謀。堺市の福祉施設に「自分たちに貸付金の半額を支払えば特別に融資を受けられる。融資金は返済できなくても民事責任を追及されない」などとうその説明をしてWAMから融資を受けさせ、貸付金の半額(約6000万円)を仲介料名目で詐取したとしている。

WAMによると、同制度の22年3月までの融資実績は約3万9000件(計1兆9812億円)。一方、福祉施設などから「不審な仲介業者から勧誘を受けた」といった相談が21年までに約80件寄せられていた。

その他 詐欺・窃盗・横領関連記事
グループホーム元職員 入所者の金約100万円を引き出し逮捕
高齢者施設の職員が盗み 被害額1000万円の可能性 マスターキーで利用者部屋に侵入
・手すり設置で大阪市から介護保険詐取の疑い 容疑者3人逮捕
・盗んだ歯科医療機器(時価10万円)をメルカリに出品か 歯科医院事務員の女を逮捕
・入居者通帳から現金20万円騙し取る 介護職員女を逮捕 「頼まれたから引き出した」と否認
・理事長の娘(46)「投資やギャンブルに」 認可保育園で私的流用約2000万円 福岡県春日市
・容疑者のうち2名は不起訴 2都市から約3億円騙し取る 介護給付金詐欺で逮捕のNPO役員
・窃盗・逮捕:病院侵入27件1100万円相当の被害、男逮捕「ギャンブルに使った」
・「アイドルのコンサートに行くために…」病院職員が約1億5000万円 三重・南伊勢町
・介護施設で預かる利用者の現金が入った封筒から お札を抜き取り

 

介護データベース
感染状況マップ
日本全国の、医療・介護・障がい分野における、新型コロナウイルスの感染状況MAPです。

PAGE TOP