介護業界の様々な情報をまとめたデータベース

  • トップページ
  • 浸水
  • 浸水・土砂崩れ・災害:静岡県駿東郡小山町 平成の杜 特別養護老人ホーム 平成の杜 養護老人ホーム 台風19号 土砂崩れ 全員無事 社会福祉法人 寿康会

2019/10/15 火曜日 | 浸水,災害

浸水・土砂崩れ・災害:静岡県駿東郡小山町 平成の杜 特別養護老人ホーム 平成の杜 養護老人ホーム 台風19号 土砂崩れ 全員無事 社会福祉法人 寿康会

2019年10月15日(浸水・土砂崩れ・災害)

・平成の杜 特別養護老人ホーム
・平成の杜 養護老人ホーム
・静岡県駿東郡小山町小山255-2

・社会福祉法人 寿康会

・台風19号による土砂崩れ
・施設に隣接する斜面の土砂が崩れ、1階部分が土砂に埋まる
・入所者と職員あわせて約80人は、全員、2階に避難して無事

・2019年10月12日、建物裏手の水路の水があふれ、2019年10月12日午後8時ごろから大量の水と土砂が建物に入り込む
・2階建て施設の1階は最大50センチ程度まで浸水、食堂には人の高さほどの土砂が積み上がる

・当時、1階には高齢者33人がいたが、土砂が侵入する約30分前に、危険を察知した近隣住民から知らせを受けた職員が2階に移動させる

・若林施設長「日頃から避難訓練をしていたこともあり、けが人を出さずにすんでよかったです。施設の利用者を迅速に避難させた職員に感謝しています」「入所者ができるだけ早く戻って来られるようにする」

・2019年10月14日までに、自衛隊や地元消防などが土砂搬出を済ませたが、一部の入所者は建物2階で引き続き生活を続ける

・入所者のうち31人は町内外の病院や介護施設に移動、32人は施設にとどまる

・平成の杜「入所者が不安にならないよう声掛けを増やす」

PAGE TOP