介護業界の様々な情報をまとめたデータベース

  • トップページ
  • 判例
  • 医療事故・判例:埼玉県北本市 北里大学メディカルセンター 肝生検の際に肺に針を刺す事故 60代女性 半身不随 1億3,000万円の損害賠償判決 東京地検

2020/01/24 金曜日 | 判例,事故

医療事故・判例:埼玉県北本市 北里大学メディカルセンター 肝生検の際に肺に針を刺す事故 60代女性 半身不随 1億3,000万円の損害賠償判決 東京地検

2020年1月24日(医療事故・判例)

・北里大学メディカルセンター
・埼玉県北本市荒井6丁目100番地

・学校法人 北里研究所
・東京都港区白金5-9-1

・2016年、肝硬変の疑いがあった60代女性に対して、穿刺による肝臓組織の採取の検査を行った際に、医師のミスで女性が半身不随に陥った事故

・医師が誤って肺に針を刺し、血管に空気が入り「脳空気塞栓症」を起こし、左半身不随となった

・女性と家族が、学校法人に対して、損害賠償を求めた訴訟

・2019年1月23日、東京地裁(伊藤正晴 裁判長)は、病院側に計約1億3,000万円の支払いを命じる判決

・伊藤裁判長「肝臓の位置を十分に確認できないまま、医師が検査を強行した」

PAGE TOP