介護業界の様々な情報をまとめたデータベース

  • トップページ
  • 判例
  • 事故・判例:山形県山形市 介護施設送迎車事故 90代女性が死亡 運転手 禁固1年執行猶予3年 山形地裁

2019/12/02 月曜日 | 判例,事故

事故・判例:山形県山形市 介護施設送迎車事故 90代女性が死亡 運転手 禁固1年執行猶予3年 山形地裁

2019年12月2日(事故・判例)

・2019年1月25日、介護送迎車が転落し、80代女性が死亡、92歳女性の腰の骨を折る重傷を負わせた事故

・2019年12月2日、山形地裁は、運転手だった上山市四ツ谷 会社員 黒田洋 被告(40)に禁固1年執行猶予3年の有罪判決

・黒田被告「十分注意していたがスリップした」

・検察側「ブレーキを踏む前の速度が速すぎる。注意は不十分で責任は大きい」
・禁固1年を求刑

・児島光夫 裁判官「尊い命を奪うなど結果は重大」
・児島光夫 裁判官「誠意ある対応をしていて、遺族や被害者も厳しい処罰を求めていない」
・禁固1年、執行猶予3年の有罪判決を

PAGE TOP