介護業界の様々な情報をまとめたデータベース

  • トップページ
  • 判例
  • 感染:愛知県東浦町 障害者グループホーム 元職員の男を逮捕 男性入所者の腹を蹴り大怪我 男性はその後死亡(続報あり)

2021/11/14 日曜日 | 判例,虐待・身体拘束

感染:愛知県東浦町 障害者グループホーム 元職員の男を逮捕 男性入所者の腹を蹴り大怪我 男性はその後死亡(続報あり)

2020年12月4日(感染)

・障害者グループホーム
・愛知県東浦町

・2020年12月4日、愛知県警は、愛知県東浦町 障害者施設の元職員 水野有幸 容疑者(45)を逮捕

・2019年7月、障害者施設において、知的障害の男性入所者(当時54)の腹を蹴り、大怪我をさせた疑い

・2019年9月、病院が警察に通報「障害者が搬送されてきたが、虐待の恐れがある」

・男性は一度退院したが、2019年10月31日に死亡

・この障害者施設では、他にも救急搬送後に死亡したり、重傷を負ったりした入所者がいることが判明

・水野容疑者は、2014年7月~2020年7月まで、介護の臨時職員として勤務

・事件当日は1人で当直勤務

・水野容疑者「日頃のストレスがあり、イライラして蹴った」

・2021年11月12日、愛知県警は水野有幸 容疑者(45)を傷害致死の疑いで再逮捕

・逮捕は計4回

・傷害罪で実刑が確定

PAGE TOP