介護業界の様々な情報をまとめたデータベース

2020/11/30 月曜日 | 集団感染・院内感染,新型コロナウイルス

感染:兵庫県神戸市中央区 病院 入院患者や病院職員等14人 新型コロナウイルス 自宅待機100人 感染症指定病院(続報あり)

2020年4月11日(感染)

・神戸市立医療センター中央市民病院
・兵庫県神戸市中央区港島南町2丁目1-1

・2020年4月9日、4月10日の2日間で病院内の入院患者及び病院職員等の新型コロナウイルス感染症患者を14人確認

・70代女性の入院患者1人
・入院患者2人
・病院職員10人(看護師7人、看護補助の職員2人、技師1人)
・民間の清掃スタッフ1人

・女性は人工透析室を利用

・汚染の可能性の病棟は、一旦閉鎖し、徹底的な消毒
・新規入院患者、新規外来患者の受け入れを停止
・再来患者の診察、外来化学療法等は実施
・救急外来の受け入れを停止
・救急搬送の受け入れを制限

・自宅待機をしている職員は約100人

・2020年4月7日、兵庫県内で2ヵ所の重症患者に対応する「特定病院」に指定されたばかりだ
・これまで約50人の新型コロナ感染者を受け入れてきた

・2020年4月15日、20代女性看護師が新型コロナウイルスに感染

・20代女性看護師は、重症の感染者が入院する病棟で勤務
・感染職員と別の病棟のためPCR検査対象ではなかったが、味覚障害の症状のため、念のためPCR検査を受けて判明

・他にも、看護師1人、70代入院患者1人が新型コロナウイルスに感染

・重症病棟に勤務する看護師ら17人を自宅待機、計約120人が自宅待機に

・2020年4月19日、手術を原則中止、新型コロナ対応に注力

・2020年4月19日までに、新型コロナウイルス感染者は、医師、看護師、患者ら計26人に

・既に救急外来は中止、一般外来診療も制限

・現在、医師、看護師ら約200人が自宅待機

・2020年4月22日、看護師3人、理学療法士1人、清掃スタッフ1人、計5人が新型コロナウイルスに感染

・看護師2人は人工透析室にて勤務

・70代女性の感染判明を受け、本来なら自宅待機だが、人工透析機器の操作などに習熟している代替要員を確保できず、防護服を着用させた上で勤務
・看護師はそれぞれ2020年4月17、18日に発熱し、その後の検査で陽性が20日に判明

・2020年4月26日、30代女性医師が新型コロナウイルスに感染

・院内感染者は計33人に
・自宅待機者は延べ270人
・健康観察確認中の108人をのぞき順次現場に復帰

・2020年4月28日、30代女性看護師が新型コロナウイルスに感染

・2020年4月16日、両足に筋肉痛のような症状
・その後も喉の痛みや味覚障害
・2020年4月27日、PCR検査、新型コロナウイルス陽性と判明

・2020年4月12日、30代女性看護師は防護服を着て、感染患者の看護

・2020年4月30日、20代女性看護師が新型コロナウイルスに感染

・感染者は患者7人、職員28人、計35人に

・2020年5月11日、新規外来、入院、手術の一部再開

・2020年5月14日、40代男性医師の新型コロナウイルス感染が判明

・2020年5月16日、治療を終えた40代女性看護師が、再び新型コロナウイルス陽性

・2020年6月3日、救急患者の受入れなどを再開

・2020年7月31日、外科手術のため入院した60代男性患者の新型コロナウイルス感染が判明

・PCR検査の結果が出る前に手術を始め、外科手術中に陽性が判明

・執刀医は手術を続け、その後、2020年8月10日まで自宅待機

・手術を担当した医師と看護師、臨床工学技士の計8人、同室患者2人にPCR検査を行い、全員陰性を確認

・2020年11月30日、看護師1人の新型コロナウイルス感染が判明

PAGE TOP