介護業界の様々な情報をまとめたデータベース

  • トップページ
  • わいせつ
  • わいせつ:住宅型有料老人ホーム 50歳男性介護職員を逮捕 傷害容疑 当直中に女性職員に睡眠薬を飲ませてわいせつ行為

2021/02/01 月曜日 | わいせつ

わいせつ:住宅型有料老人ホーム 50歳男性介護職員を逮捕 傷害容疑 当直中に女性職員に睡眠薬を飲ませてわいせつ行為

2021年2月1日(わいせつ)

・住宅型有料老人ホーム
・大阪府大阪市

・2021年2月1日、大阪府警は、大阪府東大阪市長田東1丁目 介護職員 小橋茂之 容疑者(50)を傷害容疑で逮捕

・2020年8月、当直勤務中に、缶入り飲料に睡眠薬を入れて同僚の女性に飲ませ、4時間にわたる意識障害を伴う急性薬物中毒にさせた疑い

・女性は救急搬送された後、回復した

・警察は、わいせつ目的で睡眠薬を飲ませたとみている

・睡眠薬は小橋容疑者が病院で処方されたもの

・2018年9月ごろから、他にも数人の女性職員が当直勤務の際に、一時的に意識を失うなどの異変を感じていた

・小橋容疑者の携帯電話には、昏睡状態とみられる女性を撮影した動画が残っていた

・準強制性交と準強制性交未遂の罪にも問われる

・2021年4月26日、初公判

・検察側の指摘「小橋被告は3年前から同様の行為をしていた。自分が処方された睡眠薬を女性に飲ませて性的暴行を加えている様子を携帯電話で動画を撮影して保存していた」

PAGE TOP