介護業界の様々な情報をまとめたデータベース

  • トップページ
  • 不正請求
  • 不正請求:群馬県前橋市 群馬大学医学部附属病院 不正請求額13億4500万円 腹腔鏡手術 死亡事故 厚生労働省関東信越厚生局

2018/03/24 土曜日 | 不正請求

不正請求:群馬県前橋市 群馬大学医学部附属病院 不正請求額13億4500万円 腹腔鏡手術 死亡事故 厚生労働省関東信越厚生局

2018年3月24日(不正請求)

・群馬大学医学部附属病院
・群馬県前橋市昭和町3丁目39-15

・2018年3月23日、2010年~2015年、延べ約74万件、総額約13億4500万円分の自主返還すべき診療報酬の不正・不当請求があったことを発表

・医科不正分 1億2800万円
・医科不当分 11億4000万円
・歯科不当分 7700万円

・2017年3月に厚生労働省関東信越厚生局の指摘を受けて調査
・群馬大学医学部附属病院「医師や事務職員に悪意はなく、解釈の誤りや入力間違い。病院全体で認識不足だった」「いずれも故意による請求はなかった」

・腹腔鏡手術で死亡事例が続いた問題では、複数の手術で不正請求が判明
・厚生労働省が健康保険法に基づき監査を実施
・2017年3月、約8000万円分の診療請求の不正・不当請求があったとして、厚生労働省関東信越厚生局から、病院と医師1人に「戒告」、医師2人に「注意」の行政措置を受ける
・2010年4月から2015年3月までの過去5年に遡って請求内容を再点検

PAGE TOP