介護業界の様々な情報をまとめたデータベース

  • トップページ
  • 不正請求
  • 詐欺・不正請求・指定取消:福岡県北九州市 社会福祉法人 元理事長を逮捕 詐欺の疑い 約8,000万円 介護給付費

2020/09/02 水曜日 | 不正請求,指定取消・行政処分,詐欺

詐欺・不正請求・指定取消:福岡県北九州市 社会福祉法人 元理事長を逮捕 詐欺の疑い 約8,000万円 介護給付費

2019年10月9日(詐欺・不正請求・指定取消)

・社会福祉法人
・福岡県北九州市小倉南区

・2019年10月9日、元理事長 植村時子 容疑者(63)を詐欺の疑いで逮捕

・2016年11月~2017年9月までの間、虚偽の書類を北九州市に提出し、市から介護給付費あわせて約8,000万円をだまし取った疑い

・法人が運営する障害者施設に、法令で定められた責任者を置かずに、給付金を受け取るなどしていた
・北九州市が監査に入ったうえ、2019年8月、警察に被害届を提出

・植村容疑者「お金をだまし取ろうとは思っていませんでした」と容疑を否認

・時優会は、2年前の北九州市の調査で、約1億6,000万円を不正に受給していたことが発覚し、運営する9つの事業所の指定が取り消し処分を受けた

・運営施設は、社会福祉法人 天満会(福岡県飯塚市)が2018年10月1日より引き継ぐ

・2020年9月2日、福岡地裁小倉支部は、植村時子被告に対して、懲役3年、執行猶予5年の有罪判決を言い渡した

・佐藤洋介裁判官「被害額の大きさから鑑みれば実刑が相当だが、時優会が、北九州市に対し、被害額を含む返還金等を支払った上で解散したことを考慮した」

PAGE TOP