介護業界の様々な情報をまとめたデータベース

  • トップページ
  • 事故
  • 医療事故:岐阜県岐阜市 岐阜大医学部附属病院 アラーム音気づかず 患者死亡 遺族に謝罪

2019/09/12 木曜日 | 事故

医療事故:岐阜県岐阜市 岐阜大医学部附属病院 アラーム音気づかず 患者死亡 遺族に謝罪

2019年9月12日(事故)

・岐阜大医学部附属病院
・岐阜県岐阜市柳戸1番1

・2019年9月11日、岐阜大医学部附属病院の発表
・2018年10月、手術直後の70代男性患者の容体が急変した際、担当看護師らが機器のアラーム音に気づかず、男性が死亡する医療事故があった
・岐阜大医学部付属病院「患者の容体管理などについて体制が不適切だった」として遺族に謝罪

・70代男性は2018年6月中旬、急性心筋梗塞のため緊急入院し、心臓手術を受ける
・70代男性は2018年10月初旬、心臓の検査のため入院した際に、右冠動脈に異常が見つかり、再手術を受ける
・術後間もなく、病室にいる男性の容体急変を知らせるアラーム音がナースステーションが鳴ったが、看護師たちはすぐに対応しなかった
・70代男性は24分後に病室で心停止状態になっているのが見つかる
・翌日死亡を確認

・アラーム音が鳴ったのは日勤と夜勤の交代直後
・夜勤の看護師は他の病室を巡回中でアラーム音に気づかず
・一部の日勤者はナースステーションでアラーム音を聞くも、夜勤者が気づいていると思い込み対応しなかった

・吉田和弘院長「ご遺族に深くおわびする」

PAGE TOP