介護業界の様々な情報をまとめたデータベース

  • トップページ
  • 事故
  • 医療事故:兵庫県赤穂市 病院 男性医師が1年間に8件の医療事故 70代女性患者が市と医師に損害賠償請求訴訟 慰謝料など約1億1500万円

2021/12/18 土曜日 | 事故

医療事故:兵庫県赤穂市 病院 男性医師が1年間に8件の医療事故 70代女性患者が市と医師に損害賠償請求訴訟 慰謝料など約1億1500万円

2021年12月17日(医療事故)

・赤穂市民病院
・兵庫県赤穂市中広1090番地

・2019年に男性医師が着任してから1年間に関わった手術8件で、医療事故

・初めて執刀医を勤めた手術で、74歳(当時)女性患者の神経の一部を誤って切断し、両足まひの後遺症

・女性患者は、重い腰痛のため、腰椎の一部を切除する手術を受ける

・主治医の男性医師(当時43歳)が、ドリルで骨を切削中に硬膜を損傷、露出した神経を切断

・女性患者は、赤穂市と医師に対して、慰謝料など約1億1500万円の損害賠償を求める訴訟

・病院側は医療過誤を認めている、他の7件については過失を認めていない

・男性医師は虚偽の説明を繰り返す

・この男性医師は、手術の執刀を禁止され、2021年8月に依願退職

・赤穂市民病院が医療安全対策実施要項で定める医療事故の区分で、2番目に重大な「レベル4」に該当すると認定

PAGE TOP