介護業界の様々な情報をまとめたデータベース

  • トップページ
  • 事故
  • 事故:東京都足立区 2018年度大腸がん検診 107人に誤通知 60医療機関が記入ミス

2019/11/06 水曜日 | 事故

事故:東京都足立区 2018年度大腸がん検診 107人に誤通知 60医療機関が記入ミス

2019年11月6日(事故)

・2019年11月1日、東京都足立区が発表
・2018年度に実施した大腸がん検診で、受診者のうち「陽性」と判定された107人に、「異常なし」と誤通知のミス
・検診を行った医療機関の一部が、受診票に「陰性」と誤記入したのが原因

・足立区では受診者に謝罪し、自己負担なしで精密検査を行う

・大腸がん検診は40歳以上の足立区民(253,898名)を対象に、227の医療機関(2018年度)が実施
・受診者は46,747人

・陽性を陰性と記入したミスが60医療機関計107人分見つかる
・2019年10月、足立区が陽性と判定された人に精密検査を促した際にミスが発覚

足立区 今井伸幸衛生部長「大変なご迷惑とご心配をおかけして申し訳ありません」

PAGE TOP