介護業界の様々な情報をまとめたデータベース

  • トップページ
  • 事故
  • 事故:兵庫県西宮市 病院 抗不整脈薬の処方ミス 80代女性が死亡 透析患者に常用量を処方

2021/07/13 火曜日 | 事故

事故:兵庫県西宮市 病院 抗不整脈薬の処方ミス 80代女性が死亡 透析患者に常用量を処方

2021年7月12日(事故)

・兵庫県立西宮病院
・兵庫県西宮市六湛寺町13-9

・2021年7月9日、病院は医療ミスを発表

・2021年5月中旬、80代女性が大腿骨骨折で入院、腎不全と不整脈の持病あり

・入院中に持参した抗不整脈薬がなくなり、担当医が、院内で使われていた別の抗不整脈薬を常用量で処方

・担当医が薬剤師に透析中であることを伝えていなかったため、常用量で処方される

・女性は入院から11日目に不整脈で死亡

・抗不整脈薬の血中濃度が高く、死亡の原因と判断した

・病院側は遺族に謝罪、医療事故調査・支援センターに報告

PAGE TOP