介護業界の様々な情報をまとめたデータベース

  • トップページ
  • 虐待・身体拘束
  • 虐待:群馬県伊勢崎市 サービス付き高齢者向け住宅 施設運営会社役員の男を逮捕 暴行の疑い 日常的な暴行を繰り返していた可能性

2020/11/14 土曜日 | 虐待・身体拘束

虐待:群馬県伊勢崎市 サービス付き高齢者向け住宅 施設運営会社役員の男を逮捕 暴行の疑い 日常的な暴行を繰り返していた可能性

2020年11月14日(虐待)

・サービス付き高齢者向け住宅
・群馬県伊勢崎市

・2020年11月13日、群馬県警伊勢崎署は、施設運営会社役員の男(53)を暴行の疑いで逮捕

・2020年10月4日、女性入所者(91)の首の後ろを手で押さえ、顔面をつかむなどの暴行を加えた疑い

・男は殴る蹴るといった身体的な暴行のほか、暴言などの精神的な暴行を常習的に複数の入所者に対して加えていた

・県警は日常的に暴行を繰り返していた可能性があるとみて調べている

・施設内で撮影された動画では、男が女性入所者に対し、消毒用のアルコールジェルを乱雑に顔や髪に塗りこする様子が写っていた
・また、別の女性の髪を切って体をたたいていて
・人気アニメの登場人物を思わせる衣装を身にまとい、おもちゃの剣で女性の首元を切り付けるそぶりをしたりしていた

・施設関係者によると、入所者の髪を引っ張ったり、水やアルコールを掛けたりする行為なども目撃されている

・暴行の様子を他の職員に見られ、「これが『機能訓練』になる」などと弁明することもあった

・群馬県は、2018年、2019年に対置入り調査を実施
・調査は男と同席して行われたため、入所者は事前に「施設は居心地の良い場所」と答えるよう強要されていた

PAGE TOP